ナガクル登録団体まとめ

ナガクル登録団体をまとめ記事にしました!

2018/7/14現在、24団体にご登録いただいています。

各団体の名称と活動概要、HPへのリンクを掲載します。
(活動概要は、団体情報ページより抜粋)

ご参考になさってください。

◆長野県で活動する、市民活動をしている団体の皆さん、ぜひナガクルに登録してみませんか◆

◆ナガクル登録のご案内はこちらから

 

※掲載順不同

Happy Spot Club

[団体サイト] https://www.facebook.com/happyspotclub/

障がいの有無、年齢、生まれ育った環境に関わらず、お互いを思いやり、尊重し、誰もが生き生きと暮らせる社会になる事を願って活動しています。
社会参加を目指して生きづらさを感じている方、障がいがある方の自己実現のお手伝いをしたり、認知症に対する理解を広めるための活動を行ったり、児童養護施設の子どもに様々な体験をしてもらう取組みをしています。
また、様々な事情で生きづらさを感じている方、障がいがある方やそのご家族、認知症の方など分野を問わず幅広い方にコミュニケーションを通じてお互いに元気を取り戻す事を目的としたカフェ「ごちゃまぜカフェ」を長野県千曲市で経営しています。

 

長野県NPOセンター

[団体サイト] http://npo-nagano.org/

地域における民間非営利組織活動の発展を目指し、市民セクター自らの手による民間支援組織として、新たな市民社会の実現に向け、民間非営利組織が、地域や分野を越え幅広く活動するための基盤づくりを進めると共に、企業や行政とのパートナーシップの形成を促進することを目的とする。

 

介護屋つむぎ

[団体サイト] http://blog.canpan.info/kaigoyatumugi/

介護屋つむぎは高齢化が急速に進む中、高齢者や障がいのある方が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、高齢者や障がいのある方々への身近な支援を行うべく、介護保険の訪問介護・訪問入浴、障害福祉サービスの居宅介護、地域生活支援事業の訪問入浴・移動支援、福祉有償運送を行っています。
今後は障がいのある方も高齢者も病院からどんどん退院することになると見込まれ、在宅での介護の重要性は高まると思いますので、木曽住民として、木曽のためにできることは何かを、事業を行いながら日々考えています。

 

霧ヶ峰基金

[団体サイト] http://kirigamine-fund.jp/

NPO法人霧ヶ峰基金は、霧ヶ峰の自然環境保全を「持続可能な利用」という観点から「霧ヶ峰型エコツーリズム」の普及・啓発活動をしています。

霧ヶ峰高原は、そのなだらかで広大な草原景観で諏訪地域有数の観光資源であるのみならず、諏訪地域の水源という暮らしと密着した側面を持っています。
ところが、年間300万人とも言われる霧ヶ峰への観光客はそのほとんどが夏期に集中し、人の踏みつけによる裸地の増加や登山道の雨水による表土の侵食、野生動物への脅威や帰化植物の繁茂など自然環境に与える悪影響が懸念されています。
また、昭和30年ころまでは草刈りの場として入会権を持つ住民が江戸時代ごろより定期的に草原を管理していましたが、戦後の高度成長期のエネルギー革命や霧ヶ峰高原に対する国定公園の指定により、管理が成されにくくなってきました。その結果、人の管理が成されなくなった草原は森林に移り変わろうとしており、近い将来、人々を魅了する草原はその姿を変えてしまう恐れがあります。

日本の草原は国土のわずか3%。
霧ヶ峰高原のように人の手でによって草原が維持されてきた草原はその中のごくわずか。
私達は、この霧ヶ峰高原とそこに暮らす生き物の暮らしぶりを100年先にも伝えて生きたいのです。

 

こすもけあくらぶ

[団体サイト] http://ccare.jp/

当法人は平成14年の事業開始以来、在宅の介護を必要とする高齢者、重度の心身障害児、障害者が安心して在宅生活を継続しながら、個人個人が生きがいを持って、活力ある生活を送ることができるように、既存の社会保障制度の枠組みにとらわれることなく、インフォーマルな支援についても柔軟に組み合わせながら福祉サービスを実施してきています。
これまで長野市において介護保険制度のスタート以来、在宅介護支援事業を実施していましたが、今回、最重度の障害児(者)のサービス提供基盤が大幅に不足している松本市を中心とする圏域の課題に対応するために、本年8月に松本市に通所サービスを実施する事業所を開設することとなりました。この事業所では、医療的なケアを含むハイレベルの介護と機能訓練や療育を合せて実施できる要員体制を整えています。
スタッフには、専門病院の看護師や養護学校の教諭、障害者施設の責任者など、事業所開設前から長年、重度の障害児の支援を続けてきたメンバーが集まっています。
事業内容の性格上、福祉と医療の緊密な連携が必要となりますが、重度の障害児(者)を医療面から支えている地域の中核病院出身の看護師が中心となり、利用者個人個人の状態に合わせた医療・福祉の連携体制を構築し、定期的に関係者による調整会議を開催していきます。
また重度障害者の加齢に伴い、家庭環境や必要とするサービス内容も変化していくことから、就学前から介護保険移行後の高齢期まで、ライフステージのすべての段階において適切なサービスを提供できるように、関係する機関と継続的な連携を図っていくこととしています。

 

恵仁福祉協会アザレアンさなだ

[団体サイト]  http://www.azarean.jp/

1993(平成5)年に当時の日本船舶振興会の補助金を受けて「特別養護老人ホーム」50床を開設以来、2018(平成30)年には開所25年を迎えます。この間、2000(平成12)年の介護保険法の施行もあり、施設の名称等の変更、事業所の閉鎖や開所等もございましたが、現在は以下のような各事業を展開しております。

運営理念
 「人として 幸せに 安心して 生きる日々を 大切に」
 理想的介護、客観的知識、事実に裏打ちされた理論、アザレアンのすべての役職員の
理念が統合されたものです。

 

信州まちづくり研究会

[団体サイト]  http://shinshumachidukuri.blogspot.com/

設 立   平成13年3月27日に長野県知事より認証
以下に、重要項目を定款より写します。

(目的)
第3条 本法人は,現在危機的な状況にある自然環境の保全,生態系の維持,並びに持続可 
 能な循環型環境社会(サステイナブル・コミュニティ)の構築を目指し,まちづくり,自
 然環境についての研究調査及び教育・啓発に関する事業等を行い,もって地域社会全体の
 利益の増進に寄与することを目的とする。

 

侍学園スクオーラ・今人

[団体サイト]  http://www.samugaku.com/

侍学園(通称:サムガク)は「学びや新しい自分との出会いを求める全ての人々の為の学校」を設立趣旨とし、年齢の制限をせずに生徒を受け入れている民間の教育施設。

全ての人々が幸せに生きる権利がある。生き方はそれぞれであり、近道や遠回り、冬眠時期があったとしても、幸せに生きたいと思う人々の手助けすることが当法人の目的、使命だと考えている。当法人には「死にたい」「もう何もかもを終わりにしたい」と一度は人生をあきらめた若者が多い。それでも「このままではいけない」「どうにかしたい」と自ら立ち上がろうとした人々の笑顔を取り戻し、就労や進学と社会復帰をするお手伝いをしている。若手スタッフが「教育」でなく、共に育つ「共育」を理念に活動している。全ての学びを求める人々を対象にして、人間イキヂカラシリーズと題して、有名人や企業人などの生き方を語ってもらう講演会も主催し、「家庭」「仕事」ともう一つの「学び舎」として、幅広い方たちの「居場所」「共育施設」としての役割も果たしている。

 

夢空間松代のまちと心を育てる会

[団体サイト]  http://www.npo-yumekuukan.com/

●会の設立と発足の経緯について
 信州松代は、すばらしい自然と歴史、文化の薫り高き町です。しかしながら住んでいる人々がその素晴らしさに気づいていなかったり、全国に向けてその良さが充分発信できていませんでした。
平成12年長野市が松代地区中心市街地活性化計画で松代の自然や歴史、文化や人など松代にある資源を活かして、町全体を博物館にする「信州松代まるごと博物館構想」を立案しました。
 そこで私たちは、市民参加でこの構想を実現し、住んで暮しやすい、訪れて心憩える町にしていこうと、松代をこよなく愛する町内外の方々100名が相集い、平成13年6月15日、当会を発足させました。
 その後、平成14年6月20日、県よりNPO法人(特定非営利活動法人)の認証を受けました。

●会の目的について
 この法人は、地域住民および訪れる人のため、長野市の策定した、松代中心市街地活性化基本計画「信州松代まるごと博物館構想」を実現のため、松代のまちづくりに関する事業を行ない、地域の活性化に寄与する事を目的としています。

 

ふうえば

[団体サイト]  https://szhijack.jimdo.com/

【目的】
 子どもたち・若者をはじめとする「学びたい」人に対し、経済的事情を心配せずに誰でも参加できる学習の場を設け、わかる喜びと共に考える力を育み、お互いを尊重し助け合うことや社会への感謝や貢献を大事にしていくなかで、参加者のより良き成長と、より良い未来社会の構築に貢献することを目的としています。
【活動内容】
 毎月3回、主に日曜日に、長野市内の公共施設をお借りし、無料の学習会を開催しています。
【活動実績】
 2017年8月3日に法人となったばかりの若いNPO法人ですが、任意団体時代の2017年4月から学習会をスタートさせ、2018年5月19日現在で39回の学習会を開催しました。

 

飯綱高原よっこらしょ

[団体サイト]  http://iizuna.org/

ミッション 〜 ワクワク・ホカホカの里山パラダイスを皆さんと一緒に創ります。
 多くの人にとって「里山」は、さまざまな恵みや癒やし、そして楽しさを与えてくれる大事な場所です。しかし中山間地域は、高齢化が進み人口が減り、元気を失くしかけています。手入れされていない、田んぼ、畑、森林が目立っています。
 「飯綱高原よっこらしょ」は、自然・農地・歴史・文化・人材など、信州飯綱山麓の地域ならではの資源を活用、保全しながら、地域にあたたかな交流・ふれあいを創り出し、「里山地域」を元気にする活動を進めています。
 さあ、皆さんも一緒に「里山」を創りましょう!!
 かけ声はひとつ「よっこらしょ!!」

 

ホットラインながの

[団体サイト]  http://hotline-nagano.org/

高齢者生活支援・総合生活支援事業

独居高齢者や要介護者及びその親族に対して、生活上の種々の相談に応じ、情報提供ならびに支援事業を行い、緊急時や災害時における救援等、高齢者や障がい者にとって、安心で安全なまちづくりに努め、地域社会に寄与することを目的とする。

 

食育体験教室・コラボ

[団体サイト]  http://colabo1966.naganoblog.jp/

コラボは設立8年目の食育活動を推進しているNPO法人です。

活動のキャッチフレーズは「おとなもこどもも農業体験パラダイス!」。

活動の柱は、子どもによる体験型食育事業とし、
未来を生きる子どもたちが、自らの力で生き抜く力を身につけるための
手助けをする事業を展開し推進しています。

その中には、

①農業体験
②伝統食と行事食の継承
③地物野菜や旬野菜での調理実習などが組み込まれています。

参加する子どもたちの年齢は、保育園児から小学生・中学生と幅広く
高校生になりますと、サポートする側にまわり活動参加をしています。

 

長野ホタルの会

[団体サイトなし]

■目的:
  『 ホタルに関する調査、研究、保全等の
活動を通じて地域づくりに寄与する 』 
   
■事業:
 ・ホタルの生態、増殖、飼育等の研究
 ・ホタルの生息環境の調査、研究及び保全
 ・ホタルの里づくり、地域づくりに参加
 ・ホタル研究会への参加
 ・学習会等の開催
 ・情報交換誌の発行
 ・ホタルを通じて仲間づくりと会員の親睦を図る

 

NINJA Project

[団体サイト]  http://blog.canpan.info/ninjaproject/

NINJAとはNagano INbound to JApanの略です。プロジェクト代表で米国出身のタイラー・リンチの『一人でも多くの外国人に信州に来て、文化を体験してほしい』という思いに賛同して、2010年にバイリンガルの観光関係者が個人で集まり活動しています。
「Connecting Nagano with the World! つなごう、長野を世界に!」をミッションとして外国人の視点に立って、海外からの観光誘客をし、グローバル観光県・長野をめざし、さまざまな事業を進めていきます。
観光協会やDMOはもちろん、行政・企業・公共団体・NPO・学校・宿泊施設・飲食店・商店などと協働し、長野の良さを発掘して、地域の外国人観光客へのおもてなしの心を育む活動をしています。活動の担い手として、在住外国人リーダーの発掘と社会の一員として能力を発揮できる環境づくり、学生や留学生らのグローバル人材育成にも力を注いでいきます。

 

長野サマライズ・センター

[団体サイト]  http://www.nagasama.net/

2015年8月6日、長野県より「認定」取得。
聴覚障害、発達障害をお持ちで、文字による情報支援が必要な方にサービスを提供する、パソコン文字通訳:パソコン要約筆記サービスを行っています。現場だけでなく日本全国どこへでも、離れた場所からスマートフォンやモバイル端末などを活用した遠隔支援システムを取り入れた活動を行っています。特に音声認識アプリの活用を提案中。
大きな催し物はもちろん、パーソナルなご支援にも対応でき、また、移動を伴う場合にも、情報保障を行うことを積極的に行っています。
全国に、支援者・当事者団体のネットワークを持っています。
東日本大震災直後から、全国のネットワークを活かした情報提供活動を始めました。
大企業様はじめ、中小の企業様との協働、ネットワークがあります。

 

天空の里 いもい農場

[団体サイト]  http://blog.canpan.info/imoi/

天空の里 いもい農場は、市中心部からほど近い芋井広瀬地区にある芋井社会会館を拠点として、子どもたちとその家族に「食農体験の場」を提供しているボランティア団体です。

長野市芋井地区の里山をフィールドに、野遊びや農作業体験を通じて、自然を身近に感じ、環境・農業・食べ物を大切に思う気持ちが育まれること、さらには中山間地域の人々と都市部の人々との交流や、中山間地域の森や農地の保全、食文化の継承・発展につながることを目指した活動です。

 

ウェブシェア

[団体サイト]  http://www.websharejp.com/

Web会議、Webセミナーのビジュアルコミュニケーションで、『2025年問題』の解決を目指す社会的企業です。
Webセミナーをシェアリングサービス化し、『2025年問題』を課題にしたWebセミナー開催から、ソーシャルキャピタルを創生し、地域課題に取り組む人材育成、人材ネットワーク形成のプラットフームの運営を行います。
ソーシャルキャピタルは、セミナーに付加価値として「つながる」を創出し、様々な実績を生み、
集積プラットホームに進化し、交差的イノベーションが、自然に創出される『自己増殖・持続可能
モデル』に進化させます。

 

ながの災害・防災ネットワークみらい

[団体サイト]  https://naganomirai.jimdo.com/

熊本地震の報告会や東日本大震災の災害ボランティア活動を通じて災害支援、防災活動のネットワーク構築を目指し活動を開始した団体です。

独居高齢者や要介護者及びその親族に対して、生活上の種々の相談に応じ、情報提供ならびに支援事業を行い、緊急時や災害時における救援等、高齢者や障がい者にとって、安心で安全なまちづくりに努め、地域社会に寄与することを目的とする。

 

翠翔会

[団体サイト]  http://www.facebook.com/suisyoukai.sinsyuu/

信州を楽しくするために有志が集まり結成されました。
無料の映画上映会をはじめ、お菓子などの無料配布。
また、各種イベント出店などで稼いだお金は養護施設に寄付をしています。

映画上映
セミナー等映像音響
果実飴・綿菓子・ポップコーンなどの無料配布
射的・水風船・ぷよぷよすくいなどのレクリエーション
専門家による法律・メンタル相談

 

NPO法人 信州フォレストワーク

[団体サイト]  http://www.sfw.or.jp/

森をつくり森にまなび森で楽しむをモットーに、安全で楽しい活動を実践しています。
自然や山が好きな人、一緒にさわやかな汗を流し、豊かな自然を次世代に残しましょう。

市民参加による里山保全活動を推進し、健全な森林づくりを行い、森林と人との深い関わりを築くことを目的として次の事業を行う。
1.森林づくり事業
2.里山保全活動への市民参加促進事業
3.その他目的達成のために必要な事業

 

日本フロアホッケー連盟

[団体サイト]  http://w2.avis.ne.jp/~fhjapan/

本連盟は、国内におけるフロアホッケー界を統轄し、代表する競技団体として、障がいの有無、年齢、性別にかかわらず全ての人を対象に、ユニバーサルスポーツであるフロアホッケーの事業を行っています。
主な活動
①障がいのある者のフロアホッケーを通した社会参加の支援
②障がいのある者とない者の交流の促進
③地域交流・絆づくりの促進(特別支援校との連携)
④競技会の開催(全日本大会等)
⑤指導者・審判員の養成(各地の講習会)
上記の活動等を柱として、スポーツを通して、地域社会の人と人との交流を促進し、地域の絆の再生を図り、インクルージョンの社会創造に寄与する活動を行っています。

長野犯罪被害者支援センター

[団体サイト]  http://nagano-vs.net/

長野県下唯一の民間の犯罪被害者支援団体である。
平成22年6月に国税庁長官から認定NPO法人の認定を受け、平成24年5月に長野県公安委員会から犯罪被害者等早期援助団体の指定を受けるなど、犯罪被害者及びその家族、遺族等のニーズに応じた支援活動を行っている。

 

ヒューマンネットながの

[団体サイト]  http://w2.avis.ne.jp/~hynet/

地域で暮らす障害児者、高齢者及びその家族支援を目的として設立。
「サービス&アドボカシー」をミッションとし、「自立」と「社会参加」を支援するためフォーマル(法的)からインフォーマル(独自)まで幅広いサービスの提供と、「共生社会」に向けた権利擁護の具体的解決を二本柱に活動している。

 

◆長野県で活動する、市民活動をしている団体の皆さん、ぜひナガクルに登録してみませんか◆

◆ナガクル登録のご案内はこちらから